【CBDの選び方・使い方ガイド】自分にぴったりのCBDアイテムを選ぼう!-ハワイのSUBLIMEがお答えします♪

Posted on

世界的に注目を浴びている成分【CBD(カンナビジオール)】は、大麻草から採れる有用な成分。(CBDについてはこちら
アメリカではグミやクリーム、電子タバコ、ペット用など様々なアイテムが次々と発売され、日常的に利用されています。高品質CBDネクシアのメラトニン配合CBDSUBLIMEでは、日本でも安心して使える高品質のCBDアイテムを厳選!
今日は、たくさんあるCBDアイテムから自分に合ったアイテムを選ぶ方法と使い方をお教えします(^^)
>>日本国内から送料無料でお届けする特設ショップ情報はこちら

自分にぴったりのCBDを選ぶには、まずこの2つをチェック!

1.経口摂取 or 経皮摂取

経口摂取は、オイル・カプセル・グミなど口から摂取するもの。
経皮摂取は、クリーム(ジェル)・パッチ・バスボムなど皮膚から吸収するもの。

例えば、健康維持やリラックス・体力回復などには経口摂取タイプ、痛みには目的の場所にダイレクトに塗れる経皮摂取タイプが便利!その他、アイテムのサイズや形状で、持ち歩きやすいものを選んだり、自分が継続して使いやすいものを選びましょう。
>>飲む・食べるCBD
>>塗るCBD

2.CBDの配合量

CBDの配合量はmgで表されます。100mg以下のものから数千mgまで幅広くあり、利用目的や痛みを感じる度合いなどで選べます。
配合量が多ければ効き目も強力ではありますが、偏頭痛や生理痛、肩こりなどで頻繁に塗る場合などは、自然と摂取量も多くなるので少なめの量のものもオススメ。
状況に応じて塗る回数を増やしたり、配合量の多いものに買い替えていくと良いでしょう。

CBDの製造方法による違い

CBDには、製造方法によってアイソレート・フルスペクトラム・ブロードスペクトラムなどの違いがあります。
アイソレートは、大麻からCBD(カンナビジオール)のみを抽出したもの。
フルスペクトラム・ブロードスペクトラムは、CBD以外のカンナビノイドや大麻に含まれるミネラルやテルペンなどの成分を含んだもので(※THCは除く)、含まれた成分が連携し生み出す相乗効果で(アントラージュ効果)CBDの吸収率・効果がアップします。この二つはフィトカンナビノイドリッチと呼ばれることもあります。
CBDを扱うメーカーは、CBDの効果をよりアップするためにそれぞれに様々な工夫をしており、ナノ化されたタイプも増えています。

CBDアイテム別、特徴&使い方!

◆オイル
高品質で味に癖のないブロードスペクトラムCBDオイル通常、舌下に数滴たらし数秒おいてから飲み込みます。直接飲む以外に、飲み物や食べ物に混ぜたり、肌に塗ることもできるのがオイルの特徴です。肩こりや痛みのある場所に使うほかにも、化粧品に混ぜて使うのもオススメ。
◆カプセル・グミ・タブレット
おやつ感覚で手軽に取れる人気のアイテム。CBDオイルの味が苦手な人などにもオススメ。
オイルやグミなど経口摂取のものは、使用量に対してのCBD配合量がわかっているため、摂取量をコントロールしやすいのも利点です。
◆クリーム・ジェル
シアブランドCBD痛み止めクリームimage代表的な使い方は、直接痛みのある個所に塗る方法。肩こりや頭痛、生理痛、筋肉痛、腰痛など、一時的なものから慢性的なものまで様々な痛み・炎症を緩和する効果があります。
リラックスや呼吸を楽にするのに胸や背中に塗ったり、睡眠の質を上げるために足の裏に塗るのもオススメ。
◆パッチ
貼って使うことで、長期間CBDを摂取し続けられるのが特徴。慢性的な痛みなどにオススメ。
◆リップクリーム・バスボム
唇の保湿をしつつ、またはリラックスしながらCBDを摂取できるタイプ。
生活の中で気軽に免疫力アップなどのCBDの効果を取り入れられる。
◆ペット用
犬や猫用のCBDアイテム。リラックスや健康維持はもちろん、ケガや病気のペットのライフクオリティのアップに。ペットの健康とリラックス、クオリティオブライフの向上に!ペット用CBD


SUBLIMEでは、ハワイ(アメリカ国内)という立地を生かして、様々なCBDアイテムを手ごろな価格で取り扱い中!
>>オンラインショップでのご購入はこちらから(CBDアイテム一覧)
メラトニン配合のCBDや高配合CBDをはじめ、ペット用のCBDアイテムまで揃います。
もちろん全て、日本でも使用可能なTHCフリーです。

★CBDを日本国内から送料無料でお届けする特設オンラインショップもOPENしました★
詳しくはこちらをご覧ください。

ワイキキ店頭では、日本語スタッフによる説明を受けながらショッピングもできるので、ハワイにお越しの際はぜひお店に立ち寄ってくださいね。